昼職に転職したい人必見!キャバ嬢→接客アルバイトへの転職について

キャバ嬢から接客アルバイトに転職するには

昼職のひとつとして一般的なのが接客バイトです。
コンビニやスーパー、アパレル系がまず思いつく方が多いのではないでしょうか?

アルバイトは正社員よりもハードルが低く、キャバ嬢からの転職も比較的容易です。
また、キャバ嬢として長年働いてきた方でも仕事内容がわかりやすいので、覚えようと思えばすぐに仕事を覚えられるということも、接客バイトに転職することの魅力ですね。
では、キャバ嬢から接客アルバイトに転職するためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

生活レベルが下がることを覚悟する

昼職、特にアルバイトになると時給千円程度が関の山です。
時給何千円も稼ぐことができるキャバ嬢の仕事に比べると、生活レベルはずっと下がることは覚悟しておきましょう。

ですが、時給は低くても、もちろん営業メールをしたり同伴・アフターなど営業時間外の仕事はありませんので、元キャバ嬢の接客バイトの方は「精神的に楽になった!」という方が多いです。
それに、頑張れば時給がそれなりに上がる可能性もありますし、職種や就職先によっては正社員登用してもらえる可能性も含まれています。

人気が給料に差が出るキャバ嬢の仕事と、決められた仕事をちゃんとこなせば大丈夫な接客バイトでは、精神的負担はかなり差が出ますよね。
もちろん仕事に就くからにはちゃんと真剣に取り組まないといけません。

おすすめの転職サイトは?

転職先を探す上で役立つのはやっぱりアルバイトの求人情報サイトでしょう。
タウンワークやマイナビバイトなど数多くの求人サイトがありますが、その中でも今注目を集めてる求人サイトが「マッハバイト」です。

採用が決まればなんと全員最大1万円のお祝い金がもらえることでも話題です!
全国の求人をエリア別に細かく検索もできますし、掲載求人件数は20万件以上です。
接客業と一言で言っても種類はかなり豊富なので、マッハバイトで自分の気になる求人をぜひ探してみてくださいね。

夜職の経験は隠すべきか

さて、ここで夜職の経験は隠すべきかどうかですが、アルバイトの場合、過去の職歴はあまりこだわられないケースが多いので、あまりひた隠しにする必要はないでしょう。
特に何年もキャバ嬢として働いてきた場合、履歴書を提出するときにこの年齢まで何をやっていたのか、職歴を書かなければいけません。

その際に下手に嘘をつくよりも、キャバ嬢として働いていたことを伝える方が良い場合もあります。
もちろん採用担当の性格や偏見によっては採用を見送られるケースが全くないとは言い切れません。

ですが、ほとんどの場合は夜職であっても社会に出て働いていた経験があればそこまで咎められる心配はありません。
同僚にも「元キャバ嬢です!」と大々的に言うのは人を見た方が良いとは言えますが・・・。

キャバ嬢の経験は活きるの?

キャバ嬢の経験が活きるかどうかは、どんなお店を選ぶかによって異なりますが、役立つ部分は多いです。

  • 長時間の立ち仕事に耐えられる体力がある
  • 居酒屋だった場合、お酒の知識が元から備わっている
  • コスメ・アパレル業界だった場合自分磨きの経験が活かせる

このように、キャバ嬢として働いていたことで、お酒や飲みの席でのマナー、また女性向けのコスメ・アパレル業界の場合、人一倍自分磨きをしていた経験・知識を活かすこともできるでしょう。
初対面の方でも臆せず会話することができるコミュニケーション能力も、接客業で活かすことができます。

まとめ

キャバ嬢から接客アルバイトに転職する場合についてまとめます。

  • 給料、生活レベルは大きく下がる覚悟が必要
  • 夜職の経験はあまりひた隠しにしなくても大丈夫
  • コミュ力やキャバ嬢で培われた知識や経験が活きることも

今では接客アルバイトは数多くあります。
コミュニケーション能力に長けた元キャバ嬢の方なら、基本業務を覚えればそこまでの苦労を感じない方が多いかもしれません。

接客アルバイトはキャバ嬢時代に培った知識を活かしつつ、ゆくゆくは正社員登用を狙うこともできる可能性も含んでいます。
キャバ嬢から転職する上で、まずは接客アルバイトから始めてみるというのもおすすめです!

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!